山林を相続したときの手続きについて

不動産というと数百万円から数千万円単位の価値があるので、相続したいと考える人も多いです。しかし、不動産にもいろいろな種類があり、中にはそれほど価値のないものもあります。そのような不動産を相続してしまうと、大阪付近の税理士法人ならメリットよりもデメリットのほうが多くなってしまうでしょう。あまり価値のない不動産の中の一つに山林があります。山林を所有していても、多くの人は特に使用する需要がありません。そのため、山林を相続した場合、どのような形で相続手続きを行えばよいのか迷ってしまう人も多いのです。

山林を相続した場合、相続人へ名義変更するのは通常の不動産と同じです。ただ、山林を相続した場合、役所へ相続人が山林の所有権を取得した旨の届出を行わなければなりません。すべての山林が対象ではなく、地域森林計画内になる山林が対象です。役所側は山林を管理するために所有者の名前把握できるようにこの届出を義務付けているのです。届出期間が定められているので、山林を相続した場合、速やかに手続きしたほうがよいでしょう。