親の資産の不動産について

親の資産である不動産ですが、こちらの不動産という資産は、大阪付近の不動産相続でお悩みなら相続の際にトラブルになってしまうことが非常に多いといえるでしょう。
たとえば、親の資産が現金である場合、この場合には、1円単位で、相続者に分けることが出来ます。このため、それほど大きなトラブルにはなりにくいことが多いのです。
しかし、不動産の場合には、そういった訳には、いきません。
土地を分けることが難しいことから、複数の相続人がいる場合には、どう分ければいいのか…と分からないことが非常に多くなります。
このため、親の資産である不動産を分ける場合には、親に遺言書を書いてもらっておくか、さらに相談をしておくということが必要になってきます。
また、現金という親の資産は、価値がわかりやすいですが、不動産は本当の価値がわかりにくいというデメリットがあります。このため、いくらで売れるのかどのぐらいの価値があるのか…ということが分からないことが多くて、トラブルになってしまうことも多いのです。