親からの遺産の家や土地の整理作業に追われて

親からの遺産でもらった家や土地によって、京都での税理士事務所ではと一段ステップアップしたように思います。親からの資産として譲り受けてもっとも困るのが、個人的には家や土地だと思っていました。いや、「〜思っていた」だけではなく、実際に親からの遺産として譲り受けてもっとも困ったものといえば、実は家や土地だったのですが。

などといいますと、随分と非業な子供のように思われるかも知れませんが、そんなことはないですよ。だって私は本音を言うまでもなく、親からの遺産なんて要らないと思っていましたから。しかし、突然に別れがやってきたことにより、親の資産をそっくりそのまま受け継ぐこととなったのです。

もうバッタバタですよ。お葬式の日にちだって「○日以内」と決まっていれば、遺産に関する手続きをする期日だって決まっているのですから。こちらの気持ちの整理をしてくれる時間なんて待っていてくれないのですから。

ですからある意味、親が亡くなってから行う作業の多さに悲しんでいる時間なんてなかったのが良かったのかも知れないですね。とにかく、土地や家に関する手続き、そして今も続く管理がなかなか大変ですね。