名義変更で兄弟間の相続に差をつける。

我が家の家族構成は、60歳で会社員の父、61歳専業主婦の母、32歳長女で会社員の私、28歳フリーターの弟、25歳会社員の末っ子弟の5人家族。神戸の税理士法人でならば父は、地元ではけっこう大手の安定した会社に40年近く勤務しているので、年収もそれなりに高く資産も持っています。また、加えて実家の土地プラス持ち家が40坪ほど。築年数は古いですが、立地的には人気エリアのため評価額はいいと思います。最近親から相談されたことなのですが、実は我が家の上の弟はホストクラブでフリーターとして働いています。といっても、いくつかの店をトラブルで転々としており、正直なところ問題児です。今までにも何度も借金や警察沙汰、裁判になるようなことを引き起こしており、そのたびに両親がお金を払って解決してきました。そのため、親は弟には資産を渡したくないと考えているようです。現在、貯金や証券などを少しづつ私と下の弟の名義に変更しています。家だけはどうしようもないですが、万が一の際、そうやって3人の間での相続額に差をつけるつもりです。